DSC_0001.JPG
ちょっと前にランチに来たばかりだけど、今日はのんびりお茶をしにきました。
家から自転車でも来れる距離(てか、ちょっと遠出のお散歩にも良い距離)に素敵カフェあるのって、幸せ(○´∀`○)
ま、今日は夏日とかで日中に自転車に乗るのは自殺行為と判断したので、車で来たけどね☆

この前はランチタイムってことで、始終賑やかだったけど、今日は先客一組。
縁側席げと。

ここの水出し珈琲カフェオレ、大好きー。
もっとがぶがぶ飲ませて欲しい!といつも思います。
水出しだからなのかな?
冷めてきても、変なえぐみ渋みが出てこないので、手帳書き込んだりしながら、ゆっくり珈琲を楽しめるのが有り難いです。

お供に選んだケーキは、本日の日替わりで抹茶チーズケーキ。
FBに紹介されてるの見たときから気になってたので、今日あって良かったー。
本命は露地栽培苺のケーキでしたが、まぁちょっと時期過ぎたから仕方ない。
でも、まだ作るかなー?
作るなら食べたいなぁ。


[珈琲と人] 岡山県総社市 国民宿舎サンロード吉備路すぐそば

2階には貸しギャラリーも有り。今日も何かやってるようなので、帰りに覗いてみようっと♪

FxCam_1360462779105.jpg
お蕎麦の写真も添付した筈が、
店頭の写真しか上がって無かったので、
改めて。

手打ちなのは勿論、製粉作業も自家製。
そして、蕎麦粉・・・と言うか、蕎麦実の生産元は日替わりらしいです。
今回は蕎麦も自家製。

FxCam_1360463799678.jpg
我が家から自転車で数分のところに
ほったてごや
と言う名のお蕎麦屋さんがあることは、随分前から知っていた。

プレハブ作りの名前通りの見窄らしい建物で、ぱっと見では客商売しているとはとても思えない。
そのプレハブが出来た当初は、桃畑の中にあったこともあり、選果場的役割のものだと思っていた。
暫くして、それが蕎麦打ち小屋だと知ったけど、
ご近所の方の定年後の道楽で、ご近所や身内に振る舞うための場所だろうと生暖かい目で見ていた。

が、数日前に母上との会話で
お蕎麦屋さんっていうか十割蕎麦
のお店ってなかなか無いよね〜ってなった時に、
ここのお蕎麦が美味しいと教えて貰った。
まさか、あの建物が商売をしているとは!というのにも、びっくりだし、
そんなご近所を言われるとも思わず、二度びっくり。

母上曰わく、土日のお昼にしか営業して無いってことで、なかなか行くチャンス無いかも?
と思ってたけど、先日ちょうど休みがあったので、旦那と行ってみました。


意外と混むよ。と言ってたので、お昼ご飯にはちょっと早めの開店直後位に到着。
プレハブ入り口には、ほんのり芽吹いてきた桃の木が。
その足下には待ち客用の為に縁台が。

長机とパイプ椅子の簡素な店内。
薪ストーブ前の段ボール特等席では三毛猫がうとうと。

メニューはシンプルに掛け蕎麦と盛り蕎麦のみ。
私は迷わず、
盛り蕎麦大盛。
過去は蕎麦アレルギーだった旦那は用心して並盛りに。

待つこと数分。
見るからに味の濃そうなきらきらしたお蕎麦登場。
じゅるじゅると食べる。
蕎麦独特の芳醇な味と香りが口の中に広がる。
大盛だけど、あっと言う間に平らげてしまった。
蕎麦湯を頂きながら、ゆっくり余韻に浸りたいところだったけど、
母上の情報通り、お客さんがぞくぞくと来るので、早々に退店。

食べ終わって暫く経っても、まだ口の中はお蕎麦の味。
旦那も
こんな美味い蕎麦食べると価値観変わる!蕎麦食べれるようになって良かったー。
と、大満足。

また、土日に休み取れたら行きたいなー。
色んな人に知って欲しいけど、知って欲しくないよぅな。
そんな素敵なお蕎麦屋さんでした。


[ほったてごや]日本蕎麦屋
岡山県総社市某所

IMG_20121126_223712.jpg
一月半程経ちました。

未だに全然使いこなせません。
とりあえず色々なカメラアプリで遊んでいるとこ。

手軽に加工写真作れるの、面白いね〜。



鳴門海峡
8月の終わり、香川に行く用事が出来たので、
今回はちょっと遠回りして、まだ渡ったことの無い明石大橋経由で四国に渡ることにしてみた。

※瀬戸大橋を使えば、我が家から四国入りするのには多分2時間もかからないw 

で、鳴門海峡の渦潮を見ようと思ってたのだけど、
下調べミスって、着いた時には渦潮のピーク過ぎてました(--;
けど、橋を歩いて渡ったり面白い経験が出来たので結果としては良かったです☆


かんぽの宿
こちらは徳島市内の山頂にある
かんぽの宿「とくしま」の客室からの夜景。
普段のお出かけより、宿に重点を置いてみたのだけど、
これは想像以上でした。
旦那と二人して興奮して写真撮りまくり。
他のお部屋のお客さんはバルコニー出てないのにwww

お料理も美味しかったし、
お値段以上の価値がある宿でした。

旅行日程混んでなくて、予算抑えれるときは宿にお金回すのも良いねぇ。
と、しみじみ実感。


[かんぽの宿 徳島]
詳細はこちらhttp://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/tokushima/
宿周辺もお散歩コースがあったりして、素敵です。

div class="jugem_theme">JUGEMテーマ:写真


祝日も土日も関係無い職場で働く自分ですが、
旦那は連休なので
まぁ、少しは構ってあげようと飛び石的に休みを組み込んだ今年のGW。

姉ちゃん夫婦と兄ちゃんと私たちで
後楽園近くの葉桜の下でのんびり飲み会した帰り道、
五重塔がライトアップされていたので、
そぉいや、今日は夜間イベントがあったな。
と、カメラを持って自転車で出直す。



南側駐車場から五重塔に向けての小道に灯篭。
けど、どぉせならもぉ少し間隔狭めて設置してくれんかな。
いまいち、「道」感が出ていない。

で、
ぺちぺち撮って遊んでいたときに声をかけてきた初老の男性と写真話で盛り上がる。
今年の醍醐桜の写真とか見せて貰って
すげーすげーと興奮。
長居するつもりで出かけておらず、体が冷え切ったので、翌日にも会う約束をして別れる。

で、その翌日。
写真仲間も誘って現地へ。
と言うか、私は仕事だったので一足遅れて合流。
私が合流する前に発覚した面白い事実。
そのおじさん、友人の職場で働いていて今春定年されたばかりの方だった。
世間狭い(--;
たまたま居合わせた私たちと同年代の写真初心者な方とも仲良くなって、
皆できゃっきゃきゃっきゃとカメラで遊ぶ。


<
南側駐車場敷地内から、前面の道を走る車の軌跡を残しつつ。
これもおじさんに教えて貰った視点。


その後、友人と4人で近所の居酒屋へ。
カメラのことや女の子のことや色々。
色んなくだらない話で盛り上がる。
良い酔い夜を過ごす。

今年のGWは遠出はしなかったけど、
充実した休日だったな〜。
良いことだ。

[備中国分寺] 岡山県総社市
GWやお盆等にはライトアップイベントをしていたりします。
春は菜の花や・桃・蓮華、夏はヒマワリ、秋はコスモス・・・と四季折々の花と共に。
夕日や朝日と共に撮るのも素敵です。
撮影に来る際は、三脚等で周辺の田んぼやあぜ道を壊さないようにお願いします。



写真をやる仲間たちの多くが「一度は行って見るべき」と言っていた醍醐桜。
実際、私も何故に皆がそんなにも魅了されるのかが気にはなっているものの、
桜の見ごろの時期と自分の休みが合うとは限らず…で未だ行ったことの無かった醍醐桜。
やっと、今年の見ごろが一致しました♪
観光客にカメラマン…と、客が多いことでも有名なので、
撮影するなら早朝に行くのが良いのは知っていたけど、
全くの初めての土地に暗い中、無事にたどり着けるとは思えず…。
毎年、醍醐桜を撮りに行っている友人に連れて行って貰いました。

友人の計算より随分と早く夜明け前に現地にたどり着いたので、
車内で仮眠。
白々としてきたところで現地へ。


石碑と醍醐桜。


しめ縄が格好良い。


微笑ましい。

醍醐桜はカラーで撮るよりモノクロのほうが合っている感じ。
基本カラー派の自分ですが、今回はモノクロメインで撮ってみた。

外周をうろうろしながらぺちりぺちり。
軽く雲海のようなものも出ていたのでそれも撮ってみたり。
で、1時間程はうろついての感想。
自分はもともと花見の頃の桜にあまり興味が無いのだけど、
醍醐桜についても同じでした(^^;
何故、あんなにも魅了されるのか。
私には分からなかった。
とりあえず分かったのは
この醍醐桜という木が地域の方々に愛され、とても大事にされているということ。

しかし、
根っこを保護する為だと思うけど、足元の遊歩道(?)が木製なのはいただけません。
気をつけてはいたものの、朝露に湿った板の上、足を滑らせてこけました(--;
自分のことより、連れて行っていたリコとイチコの心配をする自分。
年配の方も多く訪れる場所だし、こぉ桜に夢中になって足元見ていない人も多々なわけだし、
桜だけでなく、来訪者へのやさしさをもぅ少し見せてほしいなぁと思わずにはいられず。
友人もこけたと言うてた。




[醍醐桜] 岡山県真庭市
一般的に良く見かけるソメイヨシノではありません。
来訪者は撮影マナーは勿論、どんな小さなゴミであれ放置などはしないよう、よろしくお願いします。

F1011489.jpg
久しぶり!
の、新刊です。

マツモトトモ。

大好きです。
この方のフェチっぷり(´∀`)
そして、ロリコンぷりも半端無い(笑)
だいたいの作品が女子高生が悪い(良い意味でね)大人の男性にはまっていくパターンw

しかし、フェチ過ぎて読者に理解されにくいのか、最近は本誌より増刊号的な雑誌での扱いが多いのが、悲しいです。
坊主の連載も多分打ち切られてるんよなぁ(´□`)
的な終わり方だったな。


で、久しぶりの新刊。
書店で見つけた瞬間に購入。
どぉも、この方と私のツボが似ているようで、
もぉニヤニヤしっぱなし。
好きだ〜(´д`)


[制服図鑑]
著者:マツモトトモ
発行:白泉社 619円+税

F1011484.jpg
昨秋に久しぶりに新大阪駅のお土産コーナーを物色した時、見つけた
食い倒れ太郎プリン。
食い倒れ太郎の帽子が3つ並んだラブリーな姿に、
思わず 迷わず 購入。
専用の紙袋には帽子を被っていない太郎のイラストが。
「わての帽子どこいった?」みたいなこと呟いてたりして、
なかなかニクい演出。

その後、軽くしまい込んでいて、ふと気付けば賞味期限あと10日程に。
で、先日やっと食べました。

ものは神戸土産の定番「神戸プリン」の製造なので、品質も安心して買えました。
食い倒れ太郎プリンは、サイズは神戸プリンと同じで、味がミックスジュース味。
なかなか濃厚で美味♪

で、
残された帽子の使い道はこれが王道かと☆
てか、
プリン見つけた時、これをやりたくて買ったよぉなものですが(笑)



[食い倒れ太郎プリン]
見つけた場所は新大阪駅キオスクお土産コーナー。
3つセットで1200円程だったかな?
セット状態のパッケージも可愛いけど、単価がちと高い。
単品使いで、友人とかへのばらまき土産に良いなぁと思います(´∀`)

20111202160738.jpg
今日は高松オリーブホールでセカイノオワリのライブです。
お買い物兼ねて早めに動いてたんだけど、
場所を見つけたの、16時位。
で、既に並んでるとは思わんかったゎ(´□`)
開場するの18時なのに…。この寒空の中、並ぶ若さはさすがにありません(--;

で、全国的にも注目されている高松の商店街をうろうろ。
街の作り方、良いね。
高齢化しても皆に優しそうな感じ。


さて、軽くご飯して私も会場に向かいますか。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mf.BEAR CLOCK

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 過去に個展用に撮った写真の話。
    TOMOMI
  • 現代美術館で撮影
    TOMOMI
  • 現代美術館で撮影
    不破
  • 過去に個展用に撮った写真の話。
    不破
  • 言いたいことは分かるんだけど…
    TOMOMI
  • 訂正m(_ _)m
    新潟@美容院
  • 言いたいことは分かるんだけど…
    新潟@美容院

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM